第1回チャレンジフェスティバル(スクフェスネタですすいません)。

3月5日から15日の15時まで、第1回チャレンジフェスティバルだった。

「第1回」なので、新イベント。
そのせいか、スコア争いがかなりヒートアップ。

3月14日時点で10万ptをオーバーしたので、たぶん2枚取り(5万位以内)は楽勝・・・と思っていた。

そして迎えた3月15日。最終日。
画像


3月15日午前6時30分。
101,324ptで、順位は30888位。
画像

50000位のボーダーラインは90,712pt。
その差は10,612pt。
画像


深夜の間にもかなりボーダーラインは上がり、大幅に差が詰まってしまった。
(0時から6000ptくらい上がったと思う。)

個人的には、2万pt差があれば安全圏と思っていたので、1万では間違いなくエビフライ。
(6時から10時の間で1000pt/h、10時から13時の間で2000pt/h、13時から15時の間で4000pt上がると見込んで18000pt。安全圏として+2000pt。)

自然回復分だけ回せば余裕・・・と思っていたのに、一気に焦る。
7時30分には家を出たいので、がんばってポイントを稼ぐ・・・。

昨日、余裕かましてないで、もっとがんばっておけばよかった・・・と、後悔。
(昨夜は超級を1回(5曲)しかやらなかった。)

で、どうにか家を出る時間ギリギリまでで、超級3回回して108,769ptまで伸ばした。
画像

きっと大丈夫・・・と思いながらも、初回イベントなので、他のプレイヤーの動きが予想しにくい。

ヒヤヒヤしながら迎えた休憩時間(15時ちょっと前)。
順位を確認すると、29804位。(14時30分時点)
画像

50000位のボーダーラインは102.309pt。
画像

出勤前に走っていなかったら、完全アウトでしたねぇ。
こわいこわい。

とはいえ、ここから30分でボーダーが6000pt以上も上がることはないはずなので(時間的にもたぶん無理)、とりあえず一安心しつつ、休憩時間を過ごす・・・。

最終的な結果は、33802位。30分で4000人に抜かれたということだわ。
画像

50000位のボーダーラインは、104,302pt。
画像

ボーダーラインから自分のスコアまでの約4000ptの間に、15000人(アカウント)以上がひしめいていたという激戦。
ボーダーラインから落ちてしまった人も含めたら、一体何万人くらいが争っていたのか・・・。

いや、すごかったですわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック