今日もなんだかいい天気♪

アクセスカウンタ

zoom RSS IPv6のばか〜!!!のつづき。

<<   作成日時 : 2010/10/22 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前編はこっち。
http://noro2-diary.at.webry.info/201010/article_6.html

前回、IPv6よりIPv4を優先的に使う設定をしたけれども、再起動後にちょっとマズいな〜ってことに気付いた。
いや、これによって何がマズくなるのか検証できていない。

で、どんな事象かっていうと、コレ。

C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 show prefixpolicies
アクティブ状態を照会しています...

優先順位 ラベル プレフィックス
---------- ----- --------------------------------
45 4 ::ffff:0:0/96


IPv6のプレフィックス・ポリシー・エントリがごっそり消えてしまった。
どうやら netsh interface ipv6 set prefixpolicy コマンドで設定を変更すると、
再起動後は変更したエントリだけが有効になってしまうらしい。

IPv6のプレフィックス・エントリがないので、事実上IPv6が使われない。
ループバックにさえPINGが飛ばない。
(インターフェースが消えたわけではない。)


↓IPv6のPINGは門前払い。

C:\Windows\system32>ping ::1/128
ping 要求ではホスト ::1/128 が見つかりませんでした。ホスト名を確認してもう一度実
行してください。



↓IPv4のPINGは通るので問題なし。

C:\Windows\system32>ping 127.0.0.1

127.0.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

127.0.0.1 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms



↓インターフェースはちゃんとある。

C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 show interface

Idx Met MTU 状態 名前
--- ---------- ---------- ------------ ---------------------------
1 50 4294967295 connected Loopback Pseudo-Interface 1
12 50 1280 disconnected isatap.{546E9767-8655-xxxx-xxxx-B1B19
10984D4}
14 50 1280 disconnected Teredo Tunneling Pseudo-Interface



IPv4だけ使う分には問題ない気がするが、少なくともIPv6のループバックにもPINGが通らなくなるのはいただけない。
何か障害が起きた時に、調査するための材料が減る。


というわけで、IPv6のエントリを復活させる。

C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 add prefixpolicy ::1/128 50 0
OK


C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 add prefixpolicy ::/0 40 1
OK


C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2002::/16 30 2
OK


C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 add prefixpolicy ::/96 20 3
OK


C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001::/32 5 5
OK


これで元通り。めでたしめでたし。


C:\Windows\system32>netsh interface ipv6 show prefixpolicies
アクティブ状態を照会しています...

優先順位 ラベル プレフィックス
---------- ----- --------------------------------
50 0 ::1/128
45 4 ::ffff:0:0/96
40 1 ::/0
30 2 2002::/16
20 3 ::/96
5 5 2001::/32



C:\Windows\system32>ping ::1

::1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
::1 からの応答: 時間 <1ms
::1 からの応答: 時間 <1ms
::1 からの応答: 時間 <1ms
::1 からの応答: 時間 <1ms

::1 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
pingにプレフィクス記述したらダメですよ
> ping ::1/128 ←"/128"の部分が不要
C:\Windows\system32>ping ::1
これでもダメですか?
通りすがり
2010/10/29 04:28
あ・・・痛恨の凡ミスでした。
すんません。
(一応テストしたら、OKでした。)
さんぺいけん
2010/10/31 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
IPv6のばか〜!!!のつづき。 今日もなんだかいい天気♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる